毎月の黒字家計を維持するには?


どもー!

コロナ禍で収入が減り毎月赤字。。。

そんな家計も多いいと思います。

特に飲食業界は大打撃です。

貯金を切り崩しながら生活すると、将来や老後、貯金が無くて不安。

そうなりますよね。

そうならない為にも、できる範囲での節約を心掛けていきたいです。

ただ、節約といっても良い節約をしましょう。

・ここでの良い節約の定義は生活水準を落とすことなく節約する。

・時間があんまり掛からないような節約。

逆に悪い節約とは?

・節約に目を向けすぎてストレスになる。

例えば、電気の元栓を全部抜いてから出かける。

もちろん大事なことですが、毎回元栓から抜いて出かけるのは面倒だし、ストレスになりませんか?

私自身も実践したことありますが、やっぱり面倒になり長続きしませんでした。

それよりも大事な事は、良い節約です。

「固定費の見直し」

・通信費の見直し

・保険の見直し

これらを見直すだけで毎月1万~5万円ほどの効果があるでしょう!

各家庭によりますが。

1・通信費の見直し

いまだに3大キャリア(AU,docomo、SOFTBANK)を使用している方。

毎月約1万円ほど使っている方。

格安SIMに変更する事により毎月3,000円以下で利用できるようになります。

docomoからでているahamo

AUからでているUQモバイル

SOFTBANKからでているYモバイル

などなど。

楽天モバイルも最近出てきていますが、通信がまだ不安なところがあるので上記の3点が今のところおススメですね。

2・保険の見直し

これは結構無駄に払っている方も多いのではないでしょうか?

まず、生命保険です。

死亡保険以外は入らなくても大丈夫です。

健康保険に入っていれば3割負担で病院に行けます。

年間100万もあれば保険はいりません。

もちろん保険によって得する人も損する人もいます。

宝くじみたいなもんですね。

起こりうる可能性が低いものに、お金を掛けても損する可能性が高いです。

保険会社が儲かっているのは保険を使う人が少ないからです。

毎月5,000円以上保険料を払っていたら見直す価値があります。

しかし、損害保険には入って下さい!

自動車保険の物損、人身に関しては無制限が良いと思います。

車両保険はいりません。

気を付けて運転してください。

住宅ローンを組むときの団体信用保険にも入っておきましょう。

亡くなった時にローンが完済になったりします。

火災保険も大事ですので入っておきましょう。

ただし、これらの保険に加入する際は必ず相見積もりをとりましょう。

どこの保険会社が安いか分かります。

基本的にはネットでの保険のほうが安いです。

人件費が掛からないからですね。

・まとめ

これらの保険を見直すだけでも、生活水準を下げずに節約できます。

手続きは面倒ですが、1回やってしまえば継続して効果があるのも魅力です。

各家庭が毎月黒字維持を実現し、お金でストレスを感じないような人生になりますように!

以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA